ダイエットスムージーについて

急な空腹にダイエットスムージーがオススメな理由

更新日:


ダイエット中、急に空腹が押し寄せて我慢するのがツライと思ったことはありませんか?
私はその都度、何とか我慢しようとしてその結果体調が優れなかったりする事が多々ありました。

実際、空腹を我慢するようなダイエット法もあります。

ケトン体ダイエットといって、脂肪を脳や体のエネルギー源とするダイエットです。
脳は本来は糖をエネルギー源としますが、糖を極端に制限することによって、脳のエネルギー源を枯渇させます。

そうすると、脳は脂肪を分解してケトン体を生成し、それをエネルギー源にしようとします。体に関しては糖と脂質の両方をエネルギー源としていますが、ケトン体ダイエットの際には脂質のみをエネルギー源とします。

このケトン体ダイエットはメリットが多そうに見えますが、デメリットも大きいです。
まず脳がケトン体をエネルギー源にすると言っても、限界があり、常に脳はボーっとした状態になります。

また、ケトン体の生成時に体臭を発するので、ケトン体ダイエットの際には体臭がきつくなります。
このことからも、直感的に体に良さそうではないことがわかるかと思います。

体臭を発したから一概に体に悪いとは言えないかもしれませんが、体が臭いを発するのは危機的な状況と言えるでしょう。
野生動物の中にも悪臭を発する動物はいますが、だいたい敵に襲われてピンチのときに悪臭を放ちます。

要するに、ケトン体ダイエットは体が飢餓状態に陥り、ピンチになっているのです。
そのような生命を削るダイエット法はあまりおすすめではありません。
ケトン体ダイエットで体を臭くして命を削るくらいなら、健康的なスムージーダイエットをオススメします

空腹時にはカロリー制限しつつ満腹中枢を刺激する

ダイエットスムージーのメリットは、カロリーは低いけれども栄養価は高いという点です。
ダイエット時には栄養が不足しがちですが、その状況は身体のことを考えると避けたいです。
ただし食べ過ぎるとオーバーカロリーになるので、栄養を摂りつつもカロリーを抑えるように考えなければなりません。

ダイエットスムージーはカロリー制限しつつ栄養を摂取するのに効果的ですが、他にも満腹感を感じやすいというメリットもあります。
ダイエットスムージーは液体と固体の中間くらいの感じなので、噛んで飲むことができます。

完全に液体だと満腹感を感じにくいのですが、ある程度個体の要素が残っているので、満腹感を感じやすいです。
それなら完全に固形のものを食べた方が良いと思うかもしれませんが、半分液体になっていることで、消化吸収の際に胃腸に負担を掛けないようになっています。

よく食べるときはよく噛んだ方が良いと言われますが、それは食べ物を細かく噛み砕いた方が消化吸収しやすいからです。
つまり、液体は消化吸収されやすいのです。
いくら個体を噛み砕いても、液体ほど細かく砕くことはできません。

野菜や果物を頑張って噛み続けてもスムージーのように口の中で持っていくことは難しいです。
また、口の中で噛み続けてスムージー状にするのは少し気持ち悪いかもしれません。

スムージーは野菜や果物をミキサーにかけて作るので良いのですが、口の中で噛んでスムージー状にすると唾液が混ざることになります。
そのため、何回も噛むと唾液が交って味が変わってくるので、口の中でスムージーを作ることはできません。

スムージーは消化吸収しやすいようになっていますが、それでいてある程度の固形感を残すことで満腹感を感じやすくなっています。
まさにダイエットにぴったりの食材と言えるでしょう。

空腹を我慢してはいけない

空腹を我慢すると上述のようにケトン体が発生することもあり、また精神的にも肉体的にきついです。エネルギー不足の状態は体に良くありません。プチ断食のようにごく短期間胃を休めることは体にメリットがありますが、それが長期化すると体が飢餓状態になります。

飢餓状態になった体は不要な機能から捨てていきます。
少しでも生命を維持するために、不要な部分から削っていくのです。
そして、体脂肪は人間の生命維持に必須です。飢餓状態においては筋肉よりも脂肪の方が役に立つので、筋肉から削っていくのです。

いくらダイエットとは言っても、筋肉から削られていくのは最悪ですよね。
さらに言えば、髪や肌の方を先に犠牲にします。過度なダイエットの結果、肌が荒れたり髪が抜け落ちたりするケースは多いのですが、これは人間の体が髪や肌は不要だと判断しているからです。

不要というのは、生命維持に不要という意味です。
飢餓状態で髪の毛や美肌があっても生き残れないので、それならエネルギー源である体脂肪を残そうとするのです。
ダイエットしたい人はいつでも食事はありますし、髪や肌ではなく体脂肪から削ってほしいと考えています。

しかし、体はそうは判断しません。脳では食べ物が実際はすぐに手に入る状態だが、ダイエットのために我慢していると理解しています。
しかし、体は今は飢餓状態で食べ物が入手できないので、今後もその状態が続く可能性が高い、と考えるのです。
結果的に、体脂肪を残して少しでも長く生きようとします。

そういった仕組みになっているので、過度な食事制限で体を飢餓状態にしてはいけないということです。
カロリーがオーバーカロリーになるほど摂取してはいけませんが、カロリー収支が明らかにマイナスになるような極端なダイエットは控えるべきでしょう。

その人の体重にもよりますが、少なくとも1日に1,500kcalは摂取する必要があります
実際これでも少なすぎるくらいなのですが、ダイエットを急ぐ人でもそのくらいにするべきです。

また、もともと豊富に体脂肪を蓄えている人であれば、カロリー制限を厳しめにしても体脂肪がエネルギー源になってくれます。体脂肪がもともと多い人の場合は、体は飢餓状態ではないと判断するのです。

しかし、もともとある程度痩せている人が極端なカロリー制限を行うと、ほぼ確実に肌や髪から犠牲になります。少なくとも脂肪よりも先に筋肉が犠牲になるでしょう。

空腹を我慢すると精神的にきつい

このように空腹を我慢することは体にメリットがありませんし、もちろん精神的にもきついです。体にマイナスになることをわざわざ我慢してやっているわけです。せっかく我慢するなら体にメリットのあることの方が良いでしょう。

我慢する能力が高いのであれば、食事制限ではなく我慢して運動した方が良いです。しっかりと栄養を摂取しながら運動することで、カロリー収支をマイナスにしながらも栄養不足に陥りません。

また単にきついことをするのがダイエットではなくて、適正な知識を身につけて正しい方法でダイエットを行うことを心掛けてください。
ダイエットを実行することよりも、むしろ知識の方が役立ちますし重要です。

なんでもかんでも実際に試してみたがる人もいますし、それは悪い考え方ではありません。
知識よりも実践派の人も多いですし、それは行動力があると言えます。

しかしダイエットは体に負担が掛かりますし、失敗するとデメリットもあります。
ダイエットを実行する前に、なぜその方法で痩せるのか、その方法を実践するとどのくらいの消費カロリー、摂取カロリーになるのか、栄養は不足しないのか、といったことをきちんと考えるようにしてください。

さすがに厳密に栄養素や消費カロリー、摂取カロリーの計算を行うのは面倒なのですが、少なくとも概要を理解し、何が必要なのかは把握しておかなければ効率的なダイエットを行うことは不可能で、また体に無駄に負担をかけることになります。

たとえば、運動すれば痩せる、食べなければ痩せる、といった発想をする人もいますが、事実その通りです。
しかし、どのくらい運動してどのくらい食べなければ痩せるのか、といった考え方が完全に欠落していますし、短絡的と言わざるを得ません。

誰もがトレーナーを付けてダイエットを実践することができれば良いかもしれませんが、時間や金銭的にそれは難しい場合も多いでしょう。
その場合は、トレーナーレベルとはいかなくても、それに近い知識をきちんと体系的に身につけてダイエットを実践すると良いでしょう。

ネット上にも情報はあふれていますし、それほど難しいことでもありません。
またトレーナーが完全にすべてを理解しているわけでもないので、ある程度の知識を身につけることは誰にでも可能です。

大まかに分けると、

  • 有酸素運動の消費カロリー
  • 無酸素運動の成長ホルモン、ダイエットとの関係性
  • カロリー計算の方法
  • 五大栄養素の一日の必要量
  • PFCがそれぞれ1g当たり何キロカロリーなのか

といったことを体系的に知っていきます。
それほど難しい話ではありませんし、ダイエットスムージーを検討する際にも知っておいた方が確実にダイエット効果を発揮できます。

ダイエットスムージーは食事に置き換えて摂取する人が多いのですが、当然すべての栄養素をダイエットスムージーで摂取することは不可能です。

要するに、ダイエットスムージーのことを考えるだけでは健康的に痩せることはできません。
他の食事とのバランスで健康的に痩せられるかどうかが変わってくるので、上述のようなダイエットの基本的な知識は身につけた方が健康的に痩せられます。

こういった知識は一生ものの財産になりますし、身につけるのにそれほど時間の掛かるものでもないです。
ある程度のレベルの知識ならネットサーフィンで十分なので、ぜひダイエット時の栄養や運動について調べてください。

体が飢餓状態になるので痩せにくくなる

これは上述の通りで、飢餓状態になった体は脂肪ではなくて肌や髪や筋肉を犠牲にしようとします。
人間にとって一定の脂肪は必要だからです。

だいたい男性では10%~20%、女性は15%~25%の体脂肪は必要と言われます。
よく体脂肪は低ければ低いほど良いと勘違いされがちですが、実際は体脂肪が低すぎるとホルモンバランスが乱れたり、風邪をひきやすくなります。

もちろん健康にはマイナスです。アスリートなどは競技の特性上低い体脂肪を維持している場合もありますが、一般人よりも体調不良に陥りやすい状態です。
一般人がわざわざそれを真似するメリットはないでしょう。

ある程度脂肪をなくして筋肉質な状態は男女ともに健康に良いのですが、必要量の脂肪も削ってしまうことはおすすめできません。

ダイエットの際には、このちょうど良いバランスについても考えておくと良いでしょう。そもそも今自分にダイエットが必要かどうかもわかります。モデルやアスリートほどに絞り込んでもメリットはありませんし、見た目的にも案外バランスが悪いです。

もちろん太りすぎよりは良いのかもしれませんが、適度に脂肪がある状態の方が、ガリガリや絞りすぎよりは良いでしょう。

低血糖で脳が働きにくくなる

カロリー制限し過ぎると低血糖で脳が働きにくくなるので、日常生活に支障が出ます。
特殊な競技者でない限りはそこまで極端な食事制限は辞めておいた方が良いでしょう。

せっかく人間に生まれてきたので、脳の機能を制限するのはもったいないです。
体脂肪を落とすためには適正な知識を身につけ正しい方法で取り組むことが重要です。

つまり、脳の機能を制限するのではなくて、むしろ脳を積極的に使ってダイエットしてください。
極端なダイエットは脳の機能を制限するダイエットなので、脳の発達した人間であるメリットを殺してしまうダイエットです。

せっかく人間には高い知能があるので、脳の機能を制限するのではなくて、脳の機能を活かすダイエットを行いましょう。
脳の機能を活かすダイエットとは、知識を身につけ、考えるダイエットです。ダイエットスムージーは考えるダイエットにぴったりです。

まとめ

ダイエットスムージーは半分個体なので、食した際に満腹中枢が刺激されやすいです。
それでいて栄養価が高く、摂取カロリーは抑えられます。
まさに急な空腹時にぴったりの食材と言えます。

また、空腹時に食べ物を摂取することは胃腸に負担を掛けます。
胃の中にすでに何か入っている場合はそれがクッションになりますが、空腹状態ではクッションなしでダイレクトに食べ物が胃を刺激し、体はそれを急激に消化吸収しようとします。

ダイエットスムージーは半液体で胃腸に優しく、また含んでいる栄養素も吸収しやすいものばかりです。
このこともダイエットスムージーが空腹時に向いている理由です。

皆さんもぜひ、空腹時は我慢せずにスムージーを飲んで身体に無理のないダイエットをしましょう。

-ダイエットスムージーについて

Copyright© スムージーダイエットで短期間&健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.