ダイエットスムージーについて

女性のダイエットにスムージーの酵素が一番オススメな理由

更新日:

ダイエット効果だけでなく、アンチエイジング効果や美肌やお通じ改善効果があるスムージーダイエットですが、これらは女性にとって嬉しいものばかりです。
ドリンクなので胃腸に負担が掛かりにくく、スムージーは半液体なので消化が楽で、そもそも野菜や果物は消化しやすいということもあり、海外のアーティストやモデル、女優が愛飲して大流行しました。

そのスムージーに豊富に含まれているのが「酵素」。
スムージーから摂取した酵素は消化酵素に回されるものが少なく済み、その多くが代謝酵素の方に回っていきます。

これこそがまさに、スムージーの酵素を女性にオススメする最大の理由です。

最近注目されている酵素のなかでも特に代謝酵素が重要で、スムージーは代謝酵素の効果を発揮する土壌が整っているというわけです。
その結果、スムージーの栄養価の高さと、代謝酵素によるアンチエイジングなどの効果も兼ね備えているので、女性に特に人気が出ているんです。

スムージーに含まれる酵素とは一体何なのか?

スムージーの酵素の説明の前に、まずはそもそも酵素とは何か、といった説明を行います。
酵素とは、消化や代謝に関わるタンパク質のことです。
酵素の概念はまだ仮説の段階で、明確に機能が科学的に解明されているわけではありません。

しかし、人間の体の機能がタンパク質の働きに助けられていることは間違いなくて、その働きをする酵素たちを、役割に応じて呼び分けています。
厳密にはいろいろな種類の酵素がありますが、大まかに特に重要な酵素を分類すると以下のようになります。

三種類の酵素

酵素は大きく分けて三種類あります。

  • 消化酵素(体内で生成される)
  • 代謝酵素(体内で生成される)
  • 食物酵素(食物から摂取される)

これらの酵素が非常に重要で、スムージーダイエットを行う際に理解しておくべき酵素です。
体内で作られる酵素に消化酵素と代謝酵素を上げましたが、これらはもちろん重要な酵素です。
そして、食物酵素はこの消化酵素と代謝酵素の働きを行います。

どういうことかというと、食物から摂取した酵素は、もともと体内にある消化酵素と代謝酵素の働きに分けられます。
厳密にはもっといろいろありますし、科学的に解明されていない部分も多いです。
しかし、イメージとしては、食べ物から摂取した食物酵素が、消化酵素か代謝酵素の働きをすると思っておくとわかりやすいです。

消化酵素と代謝酵素

消化酵素と代謝酵素のそれぞれの働きについて解説します。食物酵素は上述の通り消化酵素と代謝酵素に働きが分けられるので省きます。

消化酵素・・・食べ物の消化吸収に関わる酵素。食べ物の消化吸収を助け、胃腸の負担を軽減する。
代謝酵素・・・活性酸素の除去や、肌や内臓などの全身の代謝全般に関わる酵素。

このような形になります。それでは、次に食物酵素がどのように消化酵素と代謝酵素に分けられるのかを解説します。

食物酵素の働きの区分

では、食物酵素はどのように消化酵素と代謝酵素に働きがわけられるのでしょうか。

それは、必要に応じて役割が変わります。そのとき体が消化を必要としていれば消化酵素に回される割合が多くなり、消化に回す酵素が少なく済むと残りは代謝酵素に回されます。

そのため、なるべく代謝酵素に回すことができれば、アンチエイジングや美肌に効果的と言えます。

酵素を最大限に活かす方法

スムージーを摂取して、代謝酵素の働きに期待するのはもちろん良い心がけです。
しかし、酵素も含めて人間が栄養の機能を最大限高めるためには、運動が必要になります。運動すれば消化吸収能力も高まりますし、体内のタンパク質の働きが活性化します。

例えばアンチエイジングや美肌も含めて全身の細胞分裂は食事と運動で作られると言っても過言ではないでしょう。そのため、酵素の機能を最大限活かすためにはその他の食生活にも注意し、また運動を行うことで最大限酵素の力を活かせます。

最近は運動や栄養について正しく認識されはじめ、筋トレなどを行っている人も多いです。
栄養にしても運動にしても言えることですが、栄養を摂取すればするほど良い、運動すればするほど良い、というわけではありません。

適度な分量の栄養と運動が重要ということです。
何も考えずにやたら走り回ったり、極端な筋トレをするのが良いわけではありません。
さらに、極端にタンパク質ばかりを摂取するダイエットを行う人もいますが、それもおすすめできません。

スムージーダイエットは食事の一部をスムージーに置き換えるダイエット方法ですが、すべての食事をスムージーにするような方法はもちろんおすすめできませんし、糖質を極度に制限するようなダイエットもまったくおすすめではありません。

ダイエットプログラムやテレビ番組でのダイエットでは、糖質を徹底的にカットする方法が取られることも多いのですが、それはあくまでもインパクトであったり、一時的な高い効果を狙ったダイエットです。

一般人は健康的に痩せて、リバウンドも当然避けるべきでしょう。

そういった場合には、極端なことは避け、長期的に取り組める方法を選択してください。
適度な運動と適度な食事制限では急激には痩せませんが、徐々に痩せていきますし、健康的に痩せます。
またリバウンドをすることもないでしょう。

なぜなら食事と運動の習慣化が目的なので、短期的にダイエットして辞めるというものではないからです。
どうせならずっと続けられるダイエットや健康法を行ってください。
ダイエット的には一気に痩せて、太ったらまたダイエットする、という方法でも良いのかもしれませんが、健康的な観点ではまったく良くないです。
体重の変動はデメリットが多いですし、運動や食事は継続してこそ健康に効果を発揮します。

痩せたらそれで終わりということではなくて、無理ない範囲で、ずっと食事や運動を継続することが大切なのです。

運動に関しては、自宅でできるような有酸素運動、無酸素運動で問題ありません。
女性ではなかなかいないでしょうが、負荷が足りない場合は工夫することもできるのです。
急激に痩せるよりも、徐々に痩せて、その状態を継続できることがベストです。

酵素摂取と合わせて行いたい体の機能向上

栄養バランスは十分に整えるとして、運動をあわせて行うと良いと上述しました。
運動との組み合わせはおすすめというレベルではなくて、当然運動すれば劇的に状況が良くなります。

ダイエットに必須とまでは言いませんが、確実に無理のない範囲で取り入れた方が良いです。
摂取カロリーを落として消費カロリーを変えないダイエットを行うと、どう頑張っても筋肉も一緒に落ちてしまうので、体の機能そのものが低下します。

つまり、体重の減少と一緒に老化が進むともいえるでしょう。

運動を行って筋肉を増強することによって、アンチエイジング効果があります。
人間の体は衰えますが、筋肉から衰えていきます。

筋肉を増強することによって成長ホルモンが分泌され、内臓や肌の機能も若返ります。
若返るというよりは、厳密には細胞分裂が活性化します。
人間が老化する理由は、細胞分裂が滞り、古い細胞が滞るからです。

古い細胞はどんどん捨ててはたらしい細胞をどんどん作っていくことができれば、いつまでも身体は若い状態です。むしろ機能が上がって若い頃よりも体力がみなぎり、美しくなります。
肌の表面だけを取り繕うとしても限界があって、結局は体全体で強化するしかないのです。

高級化粧品を肌に塗ってもそれは肌の表面の一番古い部分にしか作用しません。
人間の肌は体内から生成されるので、肌をきれいにするには体内から改善するしかありません。
内臓にしても同じ、内臓と肌は密接につながっています。
このような考え方をしていくと、体は全体でつながっています。一部の機能にコンプレックスがあるからといって、そこの部分だけを改善することはかえって難しいでしょう。

体全体で考えながら健康を改善し、ダイエットするのが良いのですが、その際に運動は役立ちます。
からだの機能改善にもっとも効果的なのが運動と言えます。

いくら優良な栄養素を摂取していても、体の機能が低いと消化吸収できないです。

酵素摂取とあわせて行う運動二種類

運動は有酸素運動と無酸素運動がありますが、その二種類で問題ありません。
もっと言えば、各一種類ずつで問題ありません。いろいろやるのは面倒ですし、時間がない人が多いでしょう。

そして、もともと筋肉の多い下半身は有酸素運動に、上半身は無酸素運動に使うと体のバランスが整いやすいでしょう。
足はもともと人間は太いので、それ以上太くなる必要もないですし、筋肉も普通に歩いていればある程度ついています。
そのため、最大筋力を高めるのではなくて、有酸素運動を行い、消費カロリーを増やします。
具体的にはスクワットや四股踏みなどをできるだけ長い時間行うことで有酸素運動になります。

上半身に関しては、使わなければ筋力が低下していきやすいです。
そのため、無酸素運動を行うようにしてください。
上半身は全身のなかで筋肉の占める割合が少ないので、増やした方が良いです。
また、そもそもの最大筋力が低いので、上半身の有酸素運動を行ったところで消費カロリーには期待できません。

下半身での有酸素運動に効果があるのは、あくまでも一定以上の筋力があるからです。
ジョギングをするにしても、足で体を支える筋力が必要です。
その筋力があって初めて有酸素運動で消費カロリーを増やせます。
上半身も逆立ちで歩けるレベルになれば有酸素運動で消費カロリーを増やせますが、普通はそれほどの筋力が上半身にはありません。

だからこそ、上半身は無酸素運動による筋力強化を行うのです。
もちろん下半身は有酸素運動と無酸素運動の両方を行っても良いのですが、面倒ですし、自分の体重だけでは限界があります。

上半身は自分の体重だけでも十分に無酸素運動になるので、自宅でできてお手ごろですよ。
具体的には、逆立ち腕立て伏せや普通の腕立て伏せで十分です。
下半身の有酸素運動は上述の通りスクワットなどで良いのですが、外に出る余裕があればジョギングでも良いでしょう。

ただはっきり言って面倒ですし、スクワットの方が自宅でできて手っ取り早いです。

結果的にスクワットと腕立だけで無酸素運動と有酸素運動の両方を行っていて、また上半身も下半身も運動させていることになります。
自宅でできて非常に手っ取り早いですね。あとはこれを継続するだけです。

腹筋や背筋はやりたければやっても良いのですが、面倒ですし時間が掛かるのでおすすめできません。
腕立てやスクワットを正しい姿勢で行えば体幹として腹筋や背筋は使われるので、それで十分でしょう。

それぞれの運動で使われる部位を考え、ある程度大きい筋肉を網羅していればそれでよいのです。
あれもこれも行うと続かなくなりますし、またその必要もまったくありません。
毎日スクワットと腕立で追い込めばそれで十分体の大きい筋肉は使われますし、その他の補助筋も勝手に使われます。

腕立の強度が足りない場合は逆立ちでやれば良いですし、スクワットに関しては有酸素運動なので、負荷が足りない場合も時間を伸ばすようにしてください。
バーベルなどを使いだすとそれはそれでよいのですが、無酸素運動になっていきます。

このように、運動をスムージーと組み合わせることでより効果を発揮します。

まとめ

女性にはスムージーによる酵素の効果がおすすめということでした。
スムージーは胃に負担を掛けないので、摂取した分の酵素を効果的に代謝酵素に回すことができます。

しかし、体の機能が低いと代謝酵素も活かしきれないのでその他の栄養バランスも整え、同時に運動すると良いということです。

人間が体の機能を整えたりアンチエイジングしたいのであれば、栄養バランスの改善と運動に限ります。
高いコスメは必要ありませんし、むしろ逆効果になる場合もあるでしょう。

肌の機能は体内から整えた方が良くて、肌の表面にあれこれ塗りすぎるとかえって肌の呼吸を妨げ、また肌が自力で整う作用を邪魔することになります。
身体は全体として機能が連動しており、たとえば筋肉の発達は肌や内臓の機能を助けます。

体を強化することで全身の機能を高めていきたいのですが、そのためには運動と食事が必須ということで、それ以外の方法は効果が薄めです。

スムージー、栄養バランス、運動、をキーワードに積極的に情報収集を行い、取り組んでいくと確実に健康的に痩せられます。

-ダイエットスムージーについて

Copyright© スムージーダイエットで短期間&健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.