ダイエットスムージーについて

スムージーダイエットでストレス解消!イライラが無くなりスッキリする理由が凄かった

更新日:


ダイエットスムージーを飲むことによって、ダイエット効果を得ようとしている人は多いでしょう。食事の一部をスムージーに変えることによって、カロリーを制限しつつ、栄養はしっかりと摂ることができます。

しかし、ダイエットにおいては、肉体面だけでなく精神面が非常に重要なのです。
人間の心と体は密接に結びついていますが、ダイエットに関しても例外ではありません。当然心のデトックスがうまくいっている方がダイエットの効果が出やすくなります。

なぜそうなるのか、ということの詳細は後述します。簡単に言うと、脳内の神経伝達物質に関与します。
要するに、
スムージーを飲む → 脳内の神経伝達物質が整う → イライラが解消する
という流れです。

脳の神経伝達物質!というとすごい響きですが、人間の思考の根源であり、人間そのものと言っても過言ではないでしょう。人間が人間たるゆえんは脳内の神経伝達物質が分泌されているからで、それがなくなると性格も思考もすべてが無になります。

スムージーは心も体も浄化させる

スムージーはカロリーが少なく、栄養をしっかりと摂取して、さらに個体と液体の中間なので満腹中枢を刺激しつつ消化吸収に優れています。
このように肉体面に良い栄養を与えることはもちろん、心の浄化作用にも大いに影響を与えます。

スムージーには酵素、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれますが、これらは脳の状態を正常化させます。人間のストレスが溜まっている状態は、いわば脳内が乱れている状態になります。

特定の出来事のせいでストレスが溜まっている状況はもちろんなのですが、

何か嫌なことがある → 脳内の神経伝達物質が乱れる → ストレスが溜まる

という流れです。この場合は嫌なことを解消できれば良いのですが、なかなかそうはいかないのが現状でしょう。
そういったときに何をするかというと、脳内の神経伝達物質を外部からコントロールしてしまうのです。それがスムージーの仕事です。

スムージーによって脳内の神経伝達物質をコントロールすれば、ストレスの根源を無視してストレス解消に効果的ということですね。
そうはいっても、もちろん完全にストレスがなくなるわけではありません。なぜなら、スムージーで嫌な出来事を取り除くことは不可能だからです。

しかし、少なくとも嫌だと思っている気持ちを落ち着けることはできるのです。ストレスが溜まっているとダイエットどころではなくなってくるので、ぜひスムージー効果で心の状況から改善してください。

ちなみに、心というのは脳にあります。
宗教や占い的には心臓部にあるのかもしれませんが、この記事はそういった感じではありません。
あくまでも科学的な解説なので、心は脳にあると想定しています。そして、心の働きに最重要なのは脳内の神経伝達物質で、それ以上でもそれ以下でもありません。

ストレスは体の栄養状態に密接にかかわる

脳内の神経伝達物質が乱れると、栄養の消化吸収能力も衰えます。もっといえば、脂肪燃焼効果や筋肥大の効果も落ちます。
体全体の機能が低下すると言えます。なぜそのようなことが起こるのかというと、人間の体は脳からの指令で動くからです。これは随意筋も不随意筋も同じで、脳を無視して動く体の部位はありません。

そのため、脳の機能が落ちれば、体の機能は確実に落ちます。
指揮者がでたらめな合唱団のようなものです。いくら合唱団の歌唱力が高くても、指揮者がでたらめに指揮すれば当然乱れます。乱れた歌声はさらなる乱れを生み、結果的により一層指揮者が焦ります。このように負の連鎖が起こってしまうのです。

ストレスがダイエットや栄養の消化吸収に大いに影響を与えることがわかるかと思います。

人間の思考はすべて脳内の神経伝達物質で決まる

脳内の神経伝達物質と繰り返し記載しましたが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • ドーパミン
  • アドレナリン
  • エンドルフィン
  • ノルアドレナリン

他にもいろいろありますが、詳細は省きます。またざっくりそれぞれの働きを紹介しても良いのですが、あまり関係ないので割愛します。
興味のある方はぜひネットで検索したり書籍を当たってください。

人間の性格などもすべてこの脳内の神経伝達物質で決まると言っても過言ではありません。たとえば、ドーパミンが多いと明るい性格になりやすいのですが、それは興奮しやすいからでもあります。
悪く言えば、うっとうしい性格になるでしょう。
ドーパミンが増えすぎると、統合失調症になります。

他には、アドレナリンが多いと攻撃的な性格になります。
やたら攻撃的な人は、だいたいアドレナリンが多すぎるのです。
こういった脳内の神経伝達物質のバランスは、生まれつきの問題や、育った環境によって変わってきます。

たとえば、自由奔放に育てばドーパミンが増えて、抑制されるとアドレナリンが増えるケースもあります。
もちろんこれはあくまでも一例で、攻撃的な人がみんな抑圧されて育ったわけではありません。
そういった例があるということですね。

そして、性格が決まるので、当然思考回路にも影響を与えます。
ポジティブ思考、ネガティブ思考、などもこの脳内の神経伝達物質で決まりますし、逆に思考を変えようとすれば、脳内の神経伝達物質の働きが変わっていきます。

神経伝達物質を作るのは栄養

このように人間そのものと言っても過言ではない脳内の神経伝達物質ですが、これらは当然栄養によってつくられます。

五大栄養素すべてが必須ですが、それらをバランスよく摂取することによって、脳の栄養にもなるのです。
タンパク質や脂質が脳を作る原料となり、炭水化物は脳のエネルギー源になります。しかし、もちろんこの三大栄養素だけでは脳は完結しませんし、栄養不足になります。だからこそ五大栄養素が必要です。

ビタミンやミネラルはタンパク質の潤滑な吸収を助け、つまり脳の場合は脳が栄養を正しく使って育つのを助けます。
結果的に、スムージーは脳の機能改善にも役立つというわけです。

タンパク質やその他の栄養素をしっかりと摂取していることが前提になりますが、そのうえでスムージーを飲むことで、脳内の神経伝達物質の機能が整います。
そうすると、ストレスも解消されるというわけですね。

脳内の神経伝達物質は、どれが多ければ良いというわけではありません。
あくまでもすべてのパランスが取れていることが重要で、栄養が不足すればバランスが狂います。
またストレスが原因で精神に支障をきたす人もいますが、その場合は完全に脳内の神経伝達物質が乱れています。

ストレスの最上級はうつ病などの精神疾患

ストレスが溜まりに溜まった人間は、最終的に精神崩壊します。
どのように精神崩壊するかというと、うつ病やその他の精神疾患になるでしょう。

こういった事態を防ぐためには、食事による栄養バランスと運動が重要です。
もちろんストレスの原因を取り除く、考え過ぎない、といったことは重要ですが、それは実際難しいでしょう。

考えすぎなければいいと思ってそれができるなら誰でもやっているでしょうし、問題が解決できないからストレスが溜まっているわけです。

しかし、栄養バランスや運動の重要性は案外気づいていない人が多いです。
運動や食事は脳の機能を物理的に高めるので、単純にストレスの溜まる状況下でも脳内の神経伝達物質が乱れにくくなります。

現代人は筋肉は不要だと言われがちですが、案外脳内の神経伝達物質のことを考えると必要です。

物理的に力が強い必要は対してないのですが、体の筋肉が発達していることによって、脳の機能が整うので、鍛えておいて損はないでしょう。
スムージーダイエットとあわせて筋トレについても検討することをおすすめします。

精神疾患にスムージーは多少効果があるかもしれないが弱い

上述のように、スムージーの栄養は脳の神経伝達物質を整えるのに効果的です。そうはいっても、精神疾患のレベルになると、スムージーでは難しいでしょう。
スムージーの力がどの程度かを知るためには、スムージーではできないことを知るのも重要です。普通に健康な人のストレスはスムージーで効果的ですが、精神疾患の人の脳を整えるのはスムージーでは役不足というわけです。もちろん普通に栄養バランスを整えることは重要ですが、精神疾患レベルになると、専門的な薬で脳を整える必要があります。

脳内のどの神経伝達物質が多かったり少なかったりするかは人によって異なりますが、医師との相談でその辺のバランスを整えていくことになります。
ちなみに、薬で脳内神経伝達物質を整える癖が付きすぎると、自力で整える機能が衰えます。
そのため、可能な限りは自然な栄養素や運動によって整えていくことをおすすめします。

ストレス解消は思考法と物理的改善によって対処する

上述のように、運動や食事は物理的にストレスを解消する手段です。結局は脳内の神経伝達物質の問題なので、スムージーも含めて栄養や運動での改善が期待できます。

そして、問題の根本的な解決や考え方というのは、思考による解決です。
もちろん問題そのものが解決するのは思考による解決ではありませんが、問題を捉えているのは思考なので、少なくとも物理的なアプローチではありません。

一般的にストレス解消というと思考によるアプローチが着目されがちなのですが、ぜひ物理的なところに着目することをおすすめします。
結局は脳内の神経伝達物質のバランスが変わって、それがストレスになっている、という仕組みを知っているのと知らないのとでは大きく変わってきます。

人間は五感で感じたことを脳で処理して、それを喜怒哀楽やストレスとして捉えますが、これらはほぼ脳内に勝手に起こっていることです。
はっきり言ってしまえばたいしたことではないかもしれませんし、スムージーでも飲んで落ち着こうというのは一理あります。
スムージーはおいしくて落ち着く作用もありますし、上述の通り実際に栄養的にも脳に効果的です。

こういった脳のメカニズムを知ることによって、問題を大きく捉えすぎないことも重要かもしれませんね。

たとえば、誰かに何か言われて傷ついたとしても、それは以下のようなプロセスです。

音声情報が発信される → 耳に入る → 脳がそれを処理する → 脳内の神経伝達物質が何らかの影響を受ける → 感情(思考)になる

このような感じで最終的に何らかの感情に結びつきます。
要するに、細分化すると単に音声情報を受け取って、脳が処理しているだけです。

スムージーでストレス解消!考え方を細分化する

上述のように、問題を細分化し、抽象化することは非常に重要です。
たとえば人間関係で苦痛を受けている場合には、音声情報が問題なのか、それとも視覚情報が問題なのか、といったことを考えます。

そして、それらを脳がどのように処理しているのかを考えることは非常に重要です。
毎回誰が何を言ったかを考えるのは、抽象化できていませんし、同じようなことの繰り返しで進歩がありません。

なぜ受け取った情報に対してストレスが溜まったのか、細分化、抽象化の発想で処理していってください。
また、人が自分の思い通りに動くとは限らないし、自分にとって都合の悪い発言をする可能性もある、といった考えも重要かもしれませんね。

そして、そういった思考を作るのは栄養で、スムージーが重要です。
スムージーを飲みながら、問題を細分化、抽象化してストレスを解消してください。
よく考えすぎない方が良いという人もいるかもしれませんが、それは逆に難しいです。
また考え方を変える、発想の転換、プラス思考といったことも言われますが、それだともともとの悩みと同じ次元なので、あまり根本的な解決にはなりません。

どちらかというと、細分化、抽象化の発想で考え方を持っていくのがおすすめの方法になります。

問題は個別の人間が発した個別の音声情報などかもしれませんが、それを脳がどのように処理しているのかを細かく考えた方がむしろすっきりします。

まとめ

スムージーのストレス解消効果を見てきました。スムージーによる栄養は、物理的なアプローチです。
他の物理的なアプローチとしては、運動があります。

ストレス解消にはもう一つ思考によるアプローチがありますが、その際に重要なのは細分化と抽象化ということでした。

-ダイエットスムージーについて

Copyright© スムージーダイエットで短期間&健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.