ダイエットスムージーについて

レッドスムージーが本当に痩せる理由とは?話題の美人赤汁は短期間ダイエットにピッタリな理由

更新日:


最近流行りのスムージーダイエットですが、スムージーは低カロリーながら豊富な栄養を摂取できます。

ダイエットにおいては、消費カロリー > 摂取カロリーの状態にもっていくことが必須です。
しかし、そうはいっても摂取カロリーの極端な制限は栄養不足になりますし、消費カロリーを増やすのにも限界があります。特に働いていたり、体力が落ちていれば運動をこなすのも難しかったりします。

その場合は、健康的な範囲内で摂取カロリーを落としていくことになるでしょう。摂取カロリーを落としつつも栄養はしっかり摂取する、といったときにスムージーダイエットは効率的です。

レッドスムージーの成分

スムージーダイエットのなかでもどちらかというグリーンスムージーダイエットの方が何かと話題になることが多いでしょう。モデルがグリーンスムージーダイエットをやっているといった情報はネット上にもあふれていますし、テレビでも目にすることは多いかもしれませんね。

しかし、レッドスムージーダイエットも効果的で、おすすめのスムージーダイエットです。

グリーンスムージーダイエットとレッドスムージーダイエットの何が違うのかというと、単純に使っている野菜や果物が異なります。
スムージーはもちろん野菜や果物をミキサーに入れて作るので、野菜の色がほぼそのままスムージーの色になります。

要するに、緑の野菜や果物を入れればグリーンスムージーになりますし、赤い野菜や果物を入れるとレッドスムージーになります。
そのため、成分に関しても緑の野菜や果物の栄養素と、赤い野菜や果物の栄養素との比較になります。

グリーンスムージーもレッドスムージーもビタミンやミネラルが豊富ですが、レッドスムージーの方がタンパク質が豊富であったり、トマトのリコピンが抗酸化作用を持つといったメリットがあります。

レッドスムージーの効果

グリーンスムージーもレッドスムージーも栄養素は豊富ですが、レッドスムージーの方が含んでいる栄養素的に代謝アップや脂肪燃焼効果の活性化が期待できます。

もちろん酵素はグリーンスムージーと同様に含んでいます。

レッドスムージーとグリーンスムージーのメリット・デメリットを比較すると以下のようになります。

メリット デメリット
グリーンスムージー ・ビタミン、ミネラル、食物繊維などを豊富に含む。
・美肌効果や便通改善の効果が高い。
・タンパク質などの体を作る栄養はほとんど含まない。
・代謝アップにはあまり期待できない。(レッドスムージーの方が脂肪燃焼に貢献する成分を含んでいる)
レッドスムージー ・抗酸化作用や代謝アップ効果が高い。
・含んでいる栄養素の種類が非常に多い。(それが結果的に代謝アップなどのダイエット効果につながっている)
・抗酸化作用や代謝アップ効果が高い。
・含んでいる栄養素の種類が非常に多い。(それが結果的に代謝アップなどのダイエット効果につながっている)

グリーンスムージーとレッドスムージーは野菜や果物の種類が違うので、成分はもちろん似ていますが、違いもあるということですね。

なぜレッドスムージーが短期ダイエットに良いのか

レッドスムージーは代謝アップを促し、またその結果脂肪をエネルギーとして利用する体の機能が高まります。
そもそも人間が脂肪を蓄えるのは、いざというときのエネルギーとして貯蔵しているからです。

消費カロリー > 摂取カロリー
の状態になったときは人間の体は脂肪をエネルギーとして利用します。

その状態でレッドスムージーは脂肪をエネルギーとして利用する作用を助けるので、摂取カロリーを落としやすいと言えます。
ダイエット時にも人間の体は栄養が不可欠で、また摂取カロリーを極端に落とすと体にデメリットが生じます。

グリーンスムージーにしてもレッドスムージーにしても食事と置き換える飲み方をする人は多いでしょうが、その飲み方の場合はレッドスムージーは脂肪のエネルギー化を助けます。
ただし、食事をスムージーに置き換える生活では、摂取カロリーが制限されます。ずっとこのダイエット方法を続けると長期的に摂取カロリー不足になり、そうなると体が飢餓状態になって代謝が落ちます。

これは体にとって大きなデメリットになるので、レッドスムージーは短期ダイエットに向いているのです。
食事をレッドスムージーに変える方法は、摂取カロリーを抑えつつ栄養もしっかり摂取できますが、それでも体がある程度飢餓状態に陥ります。
そのため短期ダイエットに適していると言えるでしょう。

プチ断食に少し近い部分があります。
断食ほど極端にカロリーを落とすわけではないのですが、身体の機能を落とさないためにはあまり長期化させないようにしましょう。
またある程度長期で取り組む場合には、食事を完全にスムージーに置き換えるのではなくて、食事の一部をスムージーに置き換えるイメージで取り組んでも効果的です。

たとえば、炭水化物の分をスムージーに変える、といった方法になります。
食事のとり方は栄養さえ確保できていれば問題ないので、明確なルールはありません。
基本的な栄養バランスのルールなどを把握し、あとは自分好きな方法に落とし込んでいくのがおすすめです。

短期ダイエットの際のレッドスムージーの飲み方

レッドスムージーは上述のように食事と置き換える飲み方が短期的にはおすすめされています。

話題の美人赤汁はレッドスムージーのなかでも有名なもので、口コミもネット上に数多く存在します。そこでは飲み方についてもいろいろなことが書かれていますが、やはり食事に置き換えて飲んでいる人が多いです。

飲み方は自由ですが、食事はまったくそのままで、スムージーを追加してもダイエット効果は薄いでしょう。摂取カロリーはそれだとむしろ増えてしまうので、摂取カロリーを減らす努力をした方が良いです。
運動によって消費カロリーを増やせば良いのですが、ダイエットにつながるレベルでの運動はそれなりに大変です。

無酸素運動にしても有酸素運動にてもある程度ハードにやっていく必要があるので、摂取カロリーを抑えつつ、徐々に動ける体にしていくことをおすすめします。

レッドスムージーを飲むタイミングに関しては、いつでも良いです。食前30分以上前にした方が満腹感や吸収力の問題から良いのですが、時間帯に関しては自由です。
朝食の代わりにスムージーを飲んでも良いですし、夕食の代わりでも良いです。また、朝食や夕食の一部として摂取しても良いですし、スムージーを一日に複数回飲んでもまったく問題ありません。

ただし、三食ともスムージーにするような、無謀なダイエットは辞めてください。栄養バランスが偏りますし、摂取カロリーを極端に制限し過ぎです。そういったことをすると体が飢餓状態になるのでダイエット効率が落ちますし、後々リバウンドする可能性が高まります。

また運動不足の状態で極端に摂取カロリーを抑えると、人間の体は先に筋肉や肌や髪を犠牲にします。痩せる前に肌荒れや髪のつやがなくなったり、筋力が低下して体調が悪くなります。

なぜこのようなことが起こるのかというと、人間にとって脂肪は必要だからです。筋肉ももちろん必要ですが、運動不足の場合は、その運動強度に見合った筋肉を残せば良いと脳が判断します。

要するに、運動不足の状態で体が飢餓状態になると、筋肉よりも脂肪の方が重要だと体は判断するということです。
筋肉よりも脂肪の方が飢餓状態の状況でエネルギーになるので、役立つのです。

体の機能としては当然と言えるでしょう。筋肉は基本的に体を動かすためにありますが、脂肪は生きていく上で必須のエネルギー源です。ほぼ動かない人間は、脂肪の方が多く必要で、筋肉はほとんど不要です。

そのため、ダイエットしたい人は筋肉を付けて代謝を上げることで、相対的に脂肪を減らすのがおすすめになります。

スムージーダイエットで不足する栄養素

グリーンスムージーにしてもレッドスムージーにしても、基本的にタンパク質が不足します。もちろん炭水化物や脂質もそれほど含んでいませんが、これらはダイエット中なのである程度の制限が必要です。

ここで重要なのはある程度、ということで、五大栄養素は人間にとって必須の栄養素だから五大栄養素になっているので、ダイエット中であっても必ずある程度は摂取するようにしてください。

特に不足するのはタンパク質なので、意識的に摂取するようにしてください。サプリメントなどで摂取しても良いのですが、できるなら食事で摂取すると良いでしょう。
動物性のタンパク質を摂取しようとしてオーバーカロリーや脂質の過剰摂取になりそうな場合には、植物性のタンパク質を摂取することがおすすめです。豆や豆腐ならオーバーカロリーにもなりにくいです。

栄養バランスを整えることが必須で、ダイエット中は特にタンパク質の摂取には気を付けてください。不足し過ぎると肌荒れなどが起こりますし、せっかく摂取しているスムージーの効果も落ちてしまいます。

なぜならば、スムージーに含まれているビタミンやミネラルはあくまでもタンパク質の消化吸収を補佐するものだからです。
ビタミンやミネラルを摂取すると肌や体調が整うと言われますが、それは人間の体を構成するタンパク質の消化吸収を助け、タンパク質の機能を活かすからです。つまり、そもそものタンパク質が不足しているとビタミンやミネラルがうまく機能しないということですね。

レッドスムージーの効能

レッドスムージーは基本的にはビタミンやミネラルが豊富ですが、それに加えて様々な成分が含まれているので、代謝アップや脂肪燃焼に効果的ということでした。

しかし、食事をレッドスムージーに置き換えるのはカロリー制限としてはそれなりの大幅な制限になるので、短期間がおすすめということです。
断食ほどの負担はありませんし、適度に食事制限しつつ、栄養もきちんと摂取していくことが可能です。

レッドスムージーとグリーンスムージーを組み合わせる

スムージーダイエットは効果的ですが、取り組んでいるうちに飽きてくることがあります。
レッドスムージーダイエットを短期で行うべき理由には飽きやすいからということもありますが、グリーンスムージーとレッドスムージーを日によって変えて飲むのもおすすめです。

人によっては同じものを食べ続けるのが好きな人もいますが、多くの人は同じものを食べ続けることに苦痛を感じます。
そのため、グリーンスムージーとレッドスムージーを組み合わせることで、飽きにくくなります。
また、可能であれば野菜や果物の種類を変えて摂取すると、飽きにくい、幅広い栄養を摂取できる、といったメリットがあります。

さらにどの野菜や果物になんの成分が含まれているのかを調べることで栄養の知識が身に付き、より適正なダイエットを行うことができます。
ダイエットは実践することも重要ですが、身体にとってある程度の負担になるので、正しい方法で実践することが最重要です。

正しいダイエットを行うためには必ず知識が必要なので、スムージーダイエットに取り組みながらダイエットの基礎的な知識を身につけていってください。
スムージーダイエットによって身につけた知識は他のダイエットにも応用が利きますし、仮にリバウンドした際にもまた使える知識です。

ダイエットの知識を身につけることが重要

レッドスムージーダイエットによって痩せることはたしかに重要なのですが、ある意味一時的なものです。
体型が変わってもその後の食生活などの影響で太る可能性がありますし、また太ってしまったら痩せる必要があります。

つまり、ダイエットに取り組みながら得た知識こそが一生ものの資産になります。
栄養や運動の知識を身につけていれば、体型をコントロールできるようになるので、いつでも自由に痩せられます。
また知識があれば体型の維持も簡単になるでしょう。
多くの場合、知らず知らずのうちに太りやすい食べ方をしたり、身体にデメリットのある食事制限を行ったりしています。

まとめ

レッドスムージーの成分や効果を見てきました。

レッドスムージーは代謝アップや脂肪燃焼に効果的ですが、食事と置き換える方法はカロリー制限がそれなりに厳しいものになるので、短期にした方が良いということです。

美人赤汁は芸能人にも愛用している人はいて、実際効果を発揮しています。体型や肌の管理が命のモデルの愛用者が多いので、信憑性がありますね。

-ダイエットスムージーについて

Copyright© スムージーダイエットで短期間&健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.