ダイエットスムージーについて

粉末グリーンスムージーで朝ごはんの習慣を取り戻そう!確実にダイエット効果を感じられます!

投稿日:

ダイエットの基本は三食。わかっているつもり。でも・・・。


あなたは毎日きちんと朝ごはんを食べていますか?出勤前の忙しい朝。
時間に追われる朝。
いつの間にか、朝食を食べる習慣がなくなってしまった人もいるのではないでしょうか。

朝食を抜く事は、美しくありたい女性にとって絶対にやってはならない事です。
朝のエネルギーチャージを怠っていると、代謝が下がってしまい、太りやすい体質に変化してしまうからです。
また、朝食を抜くと、脳にも栄養が送られません。
通勤時や仕事でもボーっとして元気が出ず、ついつい姿勢も猫背に。
そうしてプロポーションが崩壊し始めることになるのです。

実は、そんな私も朝食を食べないことが習慣になってしまっていた女性の一人でした。
社会人になってから10年。
仕事は充実していたけれど、とても忙しく、いつしか朝食を食べないことが普通となっていました。

ある日、部屋の整理をしていると、10年位前の写真が出てきました。
十年前の私は、まだ痩せていて、ボディラインも意識されていたのです。
それなのに今の私ときたら・・・。
ショックを受けた私は、美しい生活と美しい身体を取り戻すべく、食生活の見直しを目標に掲げてダイエットを決意したのです。

寝起きって食欲無い・・・。朝食のハードル高すぎ・・・。

「食生活の見直し大作戦」開始。
まずは、「朝昼晩の食事バランスの最適化」と「栄養のバランスの最適化」この二つにテーマを絞って、対策を考えていきました。
浮彫になった当面の課題は「朝食習慣の復活」と「野菜不足の解消」に。

まず、朝食習慣の復活です。
どれくらいの量を食べれば理想的なのでしょうか。

成人女性の一日あたりの摂取カロリーは1800kcalと言われており、これを、朝・昼・晩で3:4:3の比率で摂取することが望ましいと言われています。
単純計算で、朝食としては540kcalが適量ということですね。

次に「野菜不足の解消」について考えます。
どれくらいの野菜を食べる必要があるのでしょうか。
早速調べてみたところ、厚生労働省の指針では、野菜の一日の目標摂取量は350g以上と発表されています。
(※参照:https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-03-015.html

早速、これらの数値を目標に、朝食に大きなサラダボウルとトースト、目玉焼きを用意してみるのですが・・・重すぎて食べる事が苦痛です。
あまりに長い間、朝食をないがしろにしてきたため、寝起きに食欲なんて全くありません。
食べようとしても咀嚼が進まない上、胃もたれ気味です。
準備にも食べるのにも時間がかかってしまうし、これを毎朝、出勤前に続けるなんて、とても無理・・・。

そんな時、ネット広告でグリーンスムージー粉末を見つけました。

「ドリンクなら胃腸も受け付けてくれそう」そう思った私は、とりあえず一袋を買ってみることに。
「確かに理想の540kcalには遠く及ばない。でも、グリーンスムージーを毎日飲むだけでも、何も口に入れないより、きっとましだよね。野菜不足も補えそうだし。」そう思ったのです。

正直、パッケージの緑色の飲料写真を眺めて、味は期待していませんでした。
「多分、青臭くて、苦いのだろうな・・・でもいいや、目的はダイエットだし。痩せるまでの間、我慢、我慢」
買ったときはそんな気持ちでした。
ところが届いたグリーンスムージー粉末を、早速、試してみると・・・。

「うわぁ、ほんのり甘くてフルーティー!すごく美味しい!!」
しかも、裏面の原材料名を見ると、何十種類もの野菜・果物が原材料として列記されています。
「これなら野菜不足も合わせて解消できちゃう」。
「これなら毎日楽しく続けられる!」

3朝ごはんの習慣を取り戻そう。朝食は良いことばかり!最初はスムージー一杯から始めませんか?
早速、開始した毎朝のグリーンスムージー。
私はタンパク質不足も補うために、グリーンスムージー粉末を牛乳で割って、飲み始めました。

実はこれが無理のないアプローチだったのですね。
朝にグリーンスムージーを飲むようになってから、その後の身体に嬉しい変化が生まれました。

まず、以前よりランチが美味しくしっかり食べられるようになりました。
朝食を入れることで、朝から胃腸が活動を開始し、ランチをスムーズに受け入れるようになったのですね。

そして、ランチをしっかり摂ることで、ついつい手が伸びてしまっていた夕方のおやつが減りました。
また、朝・昼の食事量の変化に伴って、自然と夕食のドカ食いも収まって、食事量をセーブすることが出来るようになりました。

朝から胃腸にスイッチが入るようになり、もう一つ、うれしい変化がありました。
そうです。朝の腸活。お通じの改善です。
グリーンスムージーには、腸のお掃除屋さんと言われる食物繊維もたっぷり含まれていたのですね。
朝のグリーンスムージーを飲み始めてから、お腹も毎日スッキリして気持ちが良いのです。

グリーンスムージー粉末を毎朝飲み続け、一か月も過ぎたころ。
友達に「最近、顔がスッキリしたね。痩せた?」と言われるように。
体重計に乗ってみると1kg減っていました!グリーンスムージーで朝食の習慣を復活させただけなのに。
こんなにすぐに効果が出るなんて、驚きです。
そして、美味しいから、続けられる!
実は痩せただけでなく、肌も綺麗になったようです。
毎朝の化粧ノリが全然違います。
朝食を摂る事を、ここまで美容にとって重要だと思いもしませんでした。
生活習慣の基本に立ち戻る作戦は、正論過ぎて遠回りだと感じていましたが、実は一番のダイエットの近道だったかもしれません。

そもそもスムージーって?!

そもそもスムージーとはどのような飲み物なのでしょうか。

日本語版ウィキペディアによると、スムージーとは「凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物である。
」とあります。
それを粉末加工したものがスムージー粉末です。

ミキサーで手作りする場合、取り入れられる野菜の種類にも限界がありますが、グリーンスムージー粉末の場合は多種多様な野菜果物を摂取することが出来ます。
魅力的ですね。

様々な食材のスムージー粉末が販売されていますが、私が中でもグリーンスムージー粉末を選んだ理由は、緑黄色野菜を中心に果物を加えて構成されており、栄養価が高かったから。
緑色の野菜には、βカロチンやビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化物質が豊富に含まれる優秀野菜がたくさん含まれているのです。
減量と同時に肌も改善していったのは、これらの栄養素を摂取出来たおかげです。

そして、野菜や果物に含まれる食物繊維もそのまま粉末化されていることも魅力のひとつです。
これら食物繊維が胃腸の朝活にスイッチを入れてくれて、規則正しいお通じを復活させてくれて、自然と効果的な減量につながっていったのです。

ちなみに、いわゆる野菜ジュースやフルーツジュースというものは、通常、果汁を抽出する過程で食物繊維はフィルターにかけられ、除外されてしまいます。

一方、ミキサーでの手作りスムージーの場合は、慣れないうちは食物繊維が引っ掛かり、どうしても喉越しの悪さが気になってしまいます。

その点、グリーンスムージー粉末なら、食物繊維の栄養価はそのままにすっきり溶けるので、さらさらと飲みやすいのです。
そして、忘れてはならないのは、毎回ミキサーを汚さなくて良い利便性の高さも、朝忙しい女性たちにとっては大きな利点です。

ダイエットを成功させるためには、なんと言っても「継続は力なり」ですからね。

紹介しちゃいます。スリーステップ・スムージーダイエット!

私がグリーンスムージー・ダイエットを開始してから半年。
実は、今となっては、スムージーだけではなく、バッチリ朝食を食べられるようになりました。
三食のバランスが整ったおかげで、体重はなんと・・・最初の4か月でマイナス8キロも痩せて、その後はずっとキープしています。

ダイエットのコツを、スリーステップに分けて解説しながら、短期間で8キロやせた理由も説明していきます。

最初のステップ。ミルク割りスムージー。

グリーンスムージー粉末だけで食事を済ませる場合、牛乳か豆乳、いずれかのミルクで割ることをお勧めします。
これは、6大栄養素(「たんぱく質」「ミネラル」「糖質」「脂質」「ビタミン」「食物繊維」)のうち、グリーンスムージー粉末で不足気味になるたんぱく質と脂質を補う為です。
また、ミルク割りにすると、フルーツ味のミルクシェイクのような味になるため、野菜の青臭い香りに敏感な方にとっては、とても飲みやすくなります。

さらに気分によって、ハチミツやきな粉を少し追加し、フレーバーに変化を付けると、さらに飲みやすくなります。
ハチミツやきな粉自体もミネラルたっぷりの健康食材なので、身体にも良いです。

たとえドリンクでも、朝、何かしらが胃に入ると、人間の体温が上がります。
体温が上がると、身体が代謝を始めるようになります。
ちなみに体温が一度上がると、基礎代謝は約15%程度、アップすると言われています。
グリーンスムージーを飲んだ日は、何も口にしない日に比べて、よりカロリーを消費するということですね。

まずは、当面は、毎朝ミルク割りグリーンスムージーを続けることから始めましょう。
毎朝、ミルク割りスムージーを飲む習慣が定着してきたら、今度はこれにトーストを追加して、少しずつ固形の食事を取れるようにします。
これは、ミルク割りグリーンスムージーだけでは糖質が少し足らないからです。

第二ステップ。ミルク割りスムージーにトーストを足そう。

先ほど書いたように、ミルク割りグリーンスムージーだけでは、少し糖質が足りません。
毎朝のミルク割りグリーンスムージーで胃腸が順調に動き出すようになったら、今度は朝のメニューにトーストを一枚追加して、少しずつ食べられるようになりましょう。

「ちょっと待ってください。糖質ってダイエットの敵だと聞きました。巷には糖質オフの商品があふれているし、糖質って積極的に摂っていいものなのですか?」。
そんな質問が聞こえてきますね。
確かに、昨今流行っているダイエット法では、糖質は悪者という考え方が主流になっているようにも感じます。

しかし、6大栄養素に不要な要素などありません。
それは糖質だって同じです。
安心してみなさんがメニューにトーストを追加できるように、少しだけ糖質についてお話しましょう。

糖質は、穀類・いも類・砂糖などの主成分で、私たちの生活のエネルギー源として最も重要な栄養素なのです。
糖質は、炭素・酸素・水素の結合した化合物で、体内で二酸化炭素と水に分解され、その際に1g当たり4kcalのエネルギーが発生すると言われています。

そして特筆すべきことは、この糖質は小腸で吸収されると肝臓に運ばれ、肝臓でブドウ糖に変化するのですが、このブドウ糖が、人体にとってたった一つの脳に運ばれるエネルギー源になるということ。
脳というのは、人間の日中の活動において判断や記憶をつかさどるところです。
ここに毎朝きちんと確実に栄養を送り込むことによって、集中力や記憶力があがり、テキパキと仕事をこなせるようになります。

え?でもそれってダイエットにはとりあえず関係ないって?いえいえ、とんでもありません。
脳というのは、活動に大変なエネルギーを必要とします。
基礎代謝カロリーの約20%は脳で消費されるといいます。
つまり、頭脳の活性化は、基礎代謝アップに直接的に影響するということなんです。

ただし、糖質は摂取量と摂取方法を間違えると、脂肪を増やす原因になることは確かなんです。
つまり、自分の体が必要とする糖質量をきちんと把握し、摂り過ぎないようにしっかり意識しないといけません。
体内にエネルギーが行き渡った後、余剰になってしまった糖質は、肝臓でグリコーゲンという物質に変化すると体脂肪として体内の緊急時エネルギーとして貯蓄されることになるのです。

もう一つ、重要なポイントがあります。
糖質の摂取方法も気を付けなければいけません。
必ず先にグリーンスムージーを飲むようにしましょう。
空腹のところにトーストなどの糖質を突然摂取すると、血糖値が急激に上昇してしまう為です。

血糖値とは、血液中のブドウ糖濃度のことを指します。
これが急上昇すると、脳が「もうエネルギーは十分だから、その糖質は体脂肪に変えて、万が一の為に貯蓄に回してね」と内臓に指示を出すのです。
つまり、太るということなんです。

ところが、グリーンスムージーを先に飲むと、血糖値の上昇が緩やかになるため、その後食べたトーストの栄養も緩やかに受け入れて、時間をかけて、全てエネルギーとして消費してくれるのです。

第三ステップ。スムージーをミルク割りから水割りに変えよう。そして、グリーンスムージーで「ベジファースト」を実践へ。

さて、私は、グリーンスムージーとトーストを食べる事が習慣づいたころ、それまでミルク割りで飲んでいたグリーンスムージーを水割りに変えました。
そして、ミルクの代わりに、オムレツや焼き魚、豆腐の味噌汁やヨーグルトなど、固形のタンパク質を一品加えるようにしました。

これにはふたつの目的がありました。

一つは、いよいよ朝食の目標摂取カロリー=540kcalを食べられるようにすること。
毎朝のトーストが習慣づいたころには、朝目覚めるとおなかが空いて、「あぁ、食べたいな」と自然に思うようになっていました。
なので、たんぱく質の「もう一品」を追加しても、抵抗なく美味しく食べ始めることが出来ました。
一日の必要カロリーの30%を朝食にシフトし、その分、夕食からは糖質を大幅にカット。
夕食はタンパク質とビタミン・ミネラル中心の食事に変えました。
それでも、朝食と昼食で糖質含めてきちんと摂取出来ているので、夜に空腹に苦しむこともありませんでした。
そもそも夜とは、人間の身体が睡眠に向けてエネルギー消費をセーブし、細胞の再生など夜間特有の仕事に向かっていく時間帯なので、それほど多くの糖質を必要としないのです。

もう一つの目的は、純粋な野菜成分だけのグリーンスムージーに切り替えることによって、ベジファーストを実践する事でした。

ベジファーストとは、「食べる順ダイエット」ともいわれる手法です。

食事の最初に野菜類からビタミン・ミネラル・食物繊維を摂取し、胃腸に送り込むことで野菜のミネラル酵素がどんどん小腸で吸収されるのです。
野菜のもつミネラルには、エネルギー代謝を増進させる物質が多く含まれ、基礎代謝の向上をサポートします。
もちろん、血糖値の上昇を緩やかにする作用がありますので、後から入ってくる食べ物の栄養を無駄なく体に取り込んで、適切にエネルギー変換してくれるのです。

順番としては、グリーンスムージーを飲んでからタンパク質のおかず、それからトーストと、徹底すると効果的です。

グリーンスムージーの朝ごはんから、ダイエットは成功へ。

私はグリーンスムージーを始めてから半年。
スタート時から比べて、見事に朝食の品数は増えましたが、今でも食事のスタートはグリーンスムージーから。

すっかり習慣になりました。
体重は8kg減って、久しぶりに会う友達には「痩せた!」と驚かれ、とても気分が良いです。
彼からも「綺麗になったね」と改めて褒められました。

出張などで早朝に家を出発しないといけない朝や、つい寝過ごしてしまって時間が無くなってしまった朝。
こんな日は、完璧な朝食にこだわらず、今でもミルク割りグリーンスムージーを一杯だけ飲んで、出かけています。

本当は朝からサラダボウルを食べられればいいかもしれません。
でも、忙しい朝はやることがいっぱいです。
グリーンスムージーのような機能性食品は上手に活用して、不足しがちな野菜の栄養素を補いながら基礎代謝を適切に上げていけば、ダイエットは必ず成功すると思います。

-ダイエットスムージーについて

Copyright© スムージーダイエットで短期間&健康ダイエット! , 2017 AllRights Reserved.